Skip to content

内臓脂肪は筋肉を動かす際のエネルギーとなるものですから、とても重要な役割を持っています。

そもそも脂肪は身体に必要な色々な物質を産生しています。作り出した物質は血中に放出されて全身をめぐるのです。これをアディポサイトカインと言いますが、この物質は糖の代謝や血圧などに影響をあたえるのです。

アディポサイトカインには善玉と悪玉が存在していて、内臓脂肪が過剰になると悪玉が血中に分泌されてしまうのです。しかも善玉を減少させるという悪影響まで出てしまいます。

悪玉アディポサイトカインが増加すると、高血糖、高血圧、高脂血症、動脈硬化、血栓症などを発症する可能性が高くなります。

こうした作用は皮下脂肪にも言えますが、内臓脂肪の方が代謝が活発なので、影響も強くなるとされています。
内臓脂肪が作る悪玉のひとつに、腫瘍壊死因子という物質があります。細胞が血糖を取り込むために必要なインスリンの効果を低下させる作用があるため、体全体のインスリンの効果が悪くなり、糖尿病の原因となります。

また、内臓脂肪過剰は、血液のかたまりである血栓を溶かす働きを調整するパイワンが増え、その結果血栓ができやすくなってしまいます。そのため脳梗塞や心筋梗塞の危険が増します。

さらに内臓脂肪過剰は、血液の通り道をふさぐ壁ができてしまい、血流を悪くすることで動脈硬化を促進してしまいます。

内臓脂肪の増加は高血圧の恐れもあります。内臓脂肪過剰により、血圧を上昇させるアンジオテンシノーゲンという物質が多く分泌されるのです。本来これは肝臓で作られるものですが、内臓脂肪過剰になることで、血中のアンジオテンシノーゲンも産生過剰になってしまうのです。

キャビテーションはどのくらい効果があるのか?

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*