Skip to content

調査依頼に対する報酬

調査依頼に対する報酬というのは、商品の売買ではないので、請求された金額が結果にみあったものかどうかが分かりづらいものです。
納得して支払うためには、契約時に念には念を入れた確認が必要となります。

普通の生活をしていて探偵社とかかわりを持つなどということは、滅多にあることではないので、いざ調査依頼をすることになると、よく分からないまま契約してしまうのではないでしょうか。依頼をする方の精神状態も不安定でもあることから、悪徳業者などの思うつぼになってしまう恐れもあります。

調査費用を明確に提示しない探偵社は特に気をつけなければなりません。
調査員1人につき、1日の報酬(1日の調査時間は何時間かも確認)。
時間で依頼するなら、1時間いくらかの確認をする。時間帯によって高くなることがあります。

成功報酬の場合、”結果がでなければ全額返金します”という探偵社がありますが、こうした言葉だけで依頼を決めるのは危険です。
成功報酬の場合、前金を支払うシステムが多いのですが、契約内容に記載された「成功」がどこまでを指すのかが明確でないと、返金される金額に相違が出ます。

着手金や交通費、宿泊費などの実費についての記載があるかどうかの確認も大切になります。成功報酬は結果が出なくても全額が返金されることはまずないと思ったほうがよいでしょう。

浮気調査の依頼をしたいけど、高額な費用がかかるのでは、とあきらめてしまっていませんか。
浮気調査の費用はピンキリで、数万円で済むこともあります。

相手を特定できないとか、遠方への尾行であったりとか調査内容によって変わるのですが、調査費用で抑えるためにまず自分でできることをしましょう。

自分でできる調査といっても、尾行したりGPSを仕込んだり、というのは見つかる可能性もあり、後々プロが調査することになったときにやりにくくなるのでしない方がいいです。

日常の生活の中で相手の行動を記録する、ようするに日記をつける要領です。また浮気調査を依頼するときに有効な資料として、毎週金曜日には必ず帰宅が遅くなるとかの情報。風俗店の会員証、ラブホのレシートやポイントカードなどは効率的に調査してもらえますし結果、調査費用を抑えることができます。

浮気調査が得意な探偵事務所(名古屋版)

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*