Skip to content

土地の境界線は自分ではどうにもできないことがあります。

昔から決まっていることですし、
いろいろな流れによって決まっている
土地の境界線をどうにもしようがありません。

昔のやりとりだと、本人同士の口約束で土地の境界線を決めたり、
売買が行われていたりもしました。
しかし、そういったやりとりも境界線が今よりも
あいまいだった部分もあったでしょうし、
それによって決められている部分もあり、
難しいですね。

また、できるだけ高く売りたい人と安く買いたい人では
交渉する時点でもトラブルが起きそうです。

高く売りたいなら、できるだけ交渉しやすい条件を提示したですし、
安く買いたいなら、できるだけ好条件を知りたいですね。

昔の土地の売買方法と現在の土地売買では
全く違う部分もあるので、
昔の売買の方法で扱われた土地の境界線は、
今では納得のいかないこともあるようです。

それがトラブルのもとになって、裁判になることもあるようですし、
どんなことでもトラブルは避けたいですね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*