Skip to content

国産?外国産?

おいしいタラバガニとはどんなカニなのでしょうか。日本人は多くの方が国産を好みます。「タラバガニ」も貴重な国産が美味しいのでしょうか。それがそうではないのです。

タラバガニの生息海は北極海やオホーツク海や北大西洋です。この冷たい海がタラバガニを美味しく、大きく育てるのです。日本海より、オホーツク海、北極海の方が冷たい海ですね。
ですから国産のタラバガニに比べ外国産のタラバガニのほうが大きく、身の入りもよいのです。そして外国産の方がお値段の安いのです。

外国産のタラバガニを、加工する工場は中国やカナダなどにある業者もあれば、日本国内で加工されている業者もあります。しかし、加工の技術は日本の技術がもとになっていますから鮮度への期待は変わりません。
この身の入りもよく大きくて美味しく安価な外国産のタラバガニですがロシア海域で漁獲制限が厳しくなり水揚げ量が減っています。

そこで「アラスカ産」のタラバガニに着目されています。アラスカの水温も低いので大きくて身のしまったおいしいタラバガニが育っています。アラスカ産のタラバガニも検討しましょう。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*